特別展示

 過去の特別展示一覧図録販売常設展示

今年度の特別展

平成30年10月19日(金)~11月11日(日)
平成30年度 考古・民俗シリーズ
特別展「大境洞窟・朝日貝塚100年」


「累々たる洞窟前」大正7年「高岡新報」掲載写真
 今年は、大正7年(1918)の大境洞窟住居跡と朝日貝塚の発見から100年、また
平成10年(1998)の柳田布尾山古墳の発見から20年の節目の年になります。

 これらの遺跡は発見後に発掘調査が行われ、その成果をもとに大境洞窟住居跡と
朝日貝塚は大正11年に、柳田布尾山古墳は平成13年に国指定史跡になりました。
 三つの史跡は、“海辺の洞窟”、”日本海側有数の貝塚”、”台地上の大きな古墳”と
それぞれの持ち味があり、歴史学習や憩いの場として広く利用されていますが、特に
前二者が大正時代に史跡指定を受けたことは、身近にある文化財に私たちがいち早く
気づき、地域の豊かな歴史に目を向けるきっかけになったのではないでしょうか。

 特別展では、これらの史跡の発見や調査の経緯をふりかえるとともに、全国的にも
注目される代表的な出土資料を紹介します。

会 場 氷見市立博物館特別展示室
会 期 平成30年10月19日(金)から11月11日(日)まで
休館日 月曜日(10月22日・10月29日・11月5日)
※11月3日(土)文化の日は臨時開館する。
時 間 午前9時から午後5時まで
観覧料 無料。ただし、解説図録を実費販売します。
行 事 【資料解説会】終了致しました
 日時 : 平成30年10月20日(土) 午後3時より
 会場 : 氷見市立博物館特別展示室
 ※事前のお申し込みは不要です。ご自由にご参加ください。

【図書コーナー】
 図書館との連携事業のひとつとして、会期中特別展テーマに関す
る図書コーナーを閲覧室に開設します。
チラシ 特別展「大境洞窟・朝日貝塚100年」チラシ



平成31年2月22日(金)~3月17日(日)
平成30年度 民俗シリーズ
特別展「万葉に詠まれた ひみ」

 

大伴家持1300年を記念し、万葉集と氷見のつながりについて紹介する特別展を開催します。

 大伴家持は、天平18年(746)から天平勝宝3年(751)にかけての5年間、越中の国守として赴任し、多くの歌を残しました。家持は『万葉集』の編纂に関わったとされることもあり、越中で詠まれた歌は330首掲載されています。
 このうち氷見で詠まれた歌は、家持のものが14首、部下や平城京からの客人等の歌が15首、あわせて29首にものぼります。特に布勢水海には四度にわたり遊覧したことが記され、家持と周辺の人たちにとって、心ひかれる風光明媚な地であったようです。

 特別展では、氷見で詠まれた歌をくわしく紹介するとともに、その後の文芸に与えた影響や、家持の顕彰関連資料、奈良時代の氷見の様子を概観します。


会 場 氷見市立博物館特別展示室
会 期 平成31年2月22日(金)から3月17日(日)まで
休館日 2月25日(月)・3月4日(月)・3月11日(月)
時 間 午前9時から午後5時まで
観覧料 無料。ただし、解説図録を実費販売します。
行 事

【資料解説会】
 日時 : 平成31年2月23日(土) 午後2時より (予定)
 会場 : 氷見市立博物館特別展示室
 ※事前のお申し込みは不要です。ご自由にご参加ください。
【図書コーナー】
 図書館との連携事業のひとつとして、会期中特別展テーマに関する図書コーナーを閲覧室に解説します。