おしらせ

むかしの氷見をあるく 氷見まちなか歴史探訪


 氷見市街地の原形と考えられる「氷見湊」は、室町時代14世紀中頃の史料に初めて記されており、港町氷見の歴史は660年以上前までさかのぼることができます。また市街地周辺には、縄文時代の遺跡や古墳群も確認されています。
 現代の街並の下に、多くの歴史が埋もれているのが、氷見市街地の特徴です。
 「むかしの氷見をあるく」は、博物館学芸員のガイドで、過去の風景を想像しながら、市街地ウォーキングを楽しむものです。
 江戸時代編、室町・戦国時代編、古墳時代編、縄文・弥生時代編の4回のコースがあります。
 好きな時代をのぞいてもよし、全ての時代を制覇するもよし、ぜひこの機会に参加してみませんか。


 開 催 日 時
 第1回 江戸時代編     平成28年 9月10日(土)9:30~12:00
 第2回 室町・戦国時代編  平成28年10月 8日(土)9:30~12:00
 第3回 古墳時代編     平成28年10月29日(土)9:30~12:00
 第4回 縄文・弥生時代編  平成28年11月19日(土)9:30~12:00

むかしの氷見をあるくチラシ(表)
むかしの氷見をあるくチラシ(裏)


定  員 各回とも20名、小学生以下は保護者同伴。
申込方法 各回ごとに参加者を募集します。希望の回だけの参加も可。
博物館窓口で直接申し込むか、下記の電話・メールアドレスあてに、住所・氏名・性別・年齢・連絡先を添えて、申し込んでください。
参加費用 一人一回500円(保険料・入館料・資料代含む)
お申し込み・
お問い合わせ先
氷見市立博物館
〒935-0016 富山県氷見市本町4-9
TEL : 0766-74-8231
FAX : 0766-74-5520
メール:hakubutsukan@city.himi.lg.jp
備  考 *応募者多数の場合、先着順とします。
*参加者特典として、普段展示していない資料から、各時代のものを一部ご覧いただきます。
*詳しい内容は、参加者に改めて通知します。
*天候等により、コース変更や中止の場合があります

予定コース
第1回 江戸時代編
平成28年9月10日(土)午前9時30分 ~12時00分
集合・解散場所:氷見市立博物館
出発 → 朝日小路 → 朝日御蔵跡 → 上伊勢町(木戸跡)→ 神明前木戸跡(伊勢玉神社)→ 地蔵町(愛宕社)→ 仕切町(御蔵跡)→ 川原町(取魚社跡)→ 南中町(高札場跡)→
中ノ橋 → 氷見江神社跡 → 博物館見学・解散

第2回 室町・戦国時代編
平成28年10月8日(土)午前9時30分 ~12時00分
集合・解散場所:氷見市立博物館
出発 → 中の橋 → 光禅寺 → 金橋・千手寺 → 朝日山公園(阿尾城跡・鞍河氏解説)→
→ 上日寺(長沢光国寄進石仏解説)→ 博物館見学・解散

第3回 古墳時代編
平成28年10月29日(土)午前9時30分 ~12時00分
集合・解散場所:氷見市立博物館
出発 → 朝日寺山古墳群 → 朝日長山古墳 → 南部中横(日本海と氷見の古墳解説) →
雀森(布勢湖と園カンデ窯跡解説) → 朝日潟山古墳 → 朝日貝塚 → 博物館見学・解散

第4回 縄文・弥生時代編
平成28年11月19日(土)午前9時30分 ~12時00分
集合・解散場所:氷見市立博物館
出発 → 旧朝日丘小学校(朝日水源地遺跡解説)→ 朝日貝塚 → 清見橋(十二町潟排水機場遺跡解説)→ 上伊勢保育園前(岩上遺跡解説)→ 博物館見学・解散