今年度の特別展

特別展「四角い古墳・丸い古墳」-王墓の時代の氷見-

平成29年3月3日(金)~3月26日(日)

3世紀後半から6世紀までの古墳時代、氷見地域には大小合わせて400基近い古墳が築かれています。
日本海側最大の前方後方墳で、国指定史跡である柳田布尾山古墳や、県内最大の前方後円墳である阿尾島田A1号墳といった巨大な古墳から、長さ5mほどの小さなものまで、氷見地域には多様な規模の古墳があるのに加えて、方墳など四角い形のもの、円墳など丸い形のものが混在しているのが、分布の特徴になっています。
また、まとまった平野や、かつての潟を見下ろす丘陵には、必ずといってよいほど古墳が築かれており、古墳時代には氷見の広い範囲で、開発が進んでいたと考えられます。
この特別展では、氷見市民にとって身近な遺跡といえる古墳について、墳丘や副葬品などさまざまな視点から、紹介を行います。

特別展「四角い古墳・丸い古墳」-王墓の時代の氷見-チラシ 

詳細を見る

おしらせ

《今年度は終了しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。》
 むかしの氷見をあるく ~氷見まちなか歴史探訪~ 

「むかしの氷見をあるく」は、博物館学芸員のガイドで、過去の風景を想像しながら、市街地ウォーキングを楽しむものです。
江戸時代編、室町・戦国時代編、古墳時代編、縄文・弥生時代編の4回のコースがあります。
好きな時代をのぞいてもよし、全ての時代を制覇するもよし、ぜひこの機会に参加してみませんか。

 開 催 日 時
 第1回 江戸時代編
     平成28年 9月10日(土)9:30~12:00(終了)
 第2回 室町・戦国時代編
     平成28年10月8日(土)9:30~12:00(終了)
 第3回 古墳時代編
     平成28年10月29日(土)9:30~12:00(終了)
 第4回 縄文・弥生時代編
     平成28年11月19日(土)9:30~12:00(終了)

むかしの氷見をあるくチラシ(表)
むかしの氷見をあるくチラシ(裏)

詳細を見る

氷見市文化財センター一般公開のおしらせ

平成27年3月2日に国登録有形民俗文化財になった「氷見及び周辺地域の漁撈用具」のほか、神通川の笹舟とその部材、農具などの民俗資料(民具)を見学できます。
学芸員が随時解説を行います。

場所:氷見市文化財センター
  (氷見市中田645番地:旧女良小学校)
  ※申込み不要、入場無料

【平成28年度 氷見市文化財センター開館日】
 開館時間:午前9時~午後4時
 4月23日(土)、5月28日(土)、6月25日(土)、
 7月23日(土)、8月27日(土)、9月24日(土)、
 10月22日(土)、11月 5日(土)、11月26日(土)、
 3月25日(土)

詳細を見る

「氷見及び周辺地域の漁撈用具」国登録有形民俗文化財に

平成27年3月2日(月)、氷見市立博物館が収蔵・展示している「氷見及び周辺地域の漁撈用具」2,853点が、国登録有形民俗文化財に登録されました。
当館では、このうち約400点を常設展示室にて展示しています。

(1)名 称 氷見及び周辺地域の漁撈用具
(2)所有者 氷見市
(3)所在地 富山県氷見市
      (氷見市立博物館、氷見市文化財センター)
(4)点 数 2,853点

詳細を見る

氷見市「孫とおでかけ支援事業」に参加しています!

氷見市の公共施設に、お孫さんとおじいちゃんやおばあちゃんが一緒に入館する場合は、入館料が無料になります。
お孫さんと氷見を発見する楽しいひとときをお過ごしください。
※平成28年4月29日(金)より実施。
※市外の方も無料です。

 【対象施設】
 ・氷見市立博物館
 ・ひみ漁業交流  魚々座
 ・氷見市潮風ギャラリー